ワキガの臭いを消す洗濯方法はあるのか?

ワキガの洗濯方法とは

ワキガの臭いは、通常の洗濯ではとれない!?

ワキガで悩む人の中には、自分の着た衣類に臭いが付くのも気にしている人も多いと思います。また、自分がワキガではなくても、家族にワキガの人がいる場合、他に衣類に臭いが移らないか気になる事もあると思います。
最近の洗濯洗剤は、汚れをよく落とす効果があるので、軽度の臭いならば通常の洗い方で臭いは気にならなくなるまで落ちると思います。

もし、臭いがきちんと取れてない場合は、洗濯機に入れる衣類の量が多いか、洗剤の量が少ないのかもしれません。つい、洗濯機がいっぱいになるまで、衣類を入れてしまいがちですが、たくさん入れてしまうと、きちんと洗剤が衣類にいきわたらず、キレイに洗えないので、量を多くし過ぎないように気をつけてみて下さい。

洗剤の説明欄に目安の水分量が書いてあるので、できるだけその通りにしてみて下さい。適量の洗剤や、衣類の量でも、ワキガの臭いが消えない場合は、通常の洗濯の他に何か対策をしなければいけません。

洗濯する前に1手間加える

ワキガの臭いや汗シミは、時間が経つと落ちにくくなります。ワキガの汗は黄色くなりがちなので、よけいに目立ってしまいます。もし、汗ジミがはっきり付いているようなら、洗濯機に入れる前に石鹸を使って、手で「もみ洗い」します。

何日も経っていない汚れなら、たいていは「もみ洗い」でキレイに落ちると思います。そして酸素系の漂白剤で30分ほどつけておいて、臭いと汚れを落とします。この時、ぬるま湯が、お湯でつけておくとよく落ちます。漂白剤の使用説明書には、漂白剤は洗う時に洗剤と一緒に入れても良いとありますが、ワキガの場合はあまり効果がわからないかもしれません。

ある程度の時間漬けおきした方がより確実に臭いと汚れをとる事ができます。漂白剤で漬けおきしたあとは、通常の洗濯できついワキガの場合でも汚れと臭いはとれると思います。洗濯する際には香りのある柔軟剤を使うとより効果的ですが、フレグランスの強い香りよりは、消臭効果のある柔軟剤の方がお勧めです。

あまり強い臭いは、服を着た後、ワキガに臭いが出て時によけいに臭いを強くしてしまう場合があるからです。強い臭いでごまかすのではなく、消臭効果があるものを使いましょう。

部屋干しはできるだけ避ける

通常の洗濯物でも、部屋干しをすると生乾きの嫌な臭いがします。これは、雑菌が繁殖した事が原因ですが、もしワキガの汚れがきちんととれていない場合は、よけいに臭ってしまうので、部屋干しはなるべくしないようにしましょう。

乾燥機がない場合は、エアコンをつけるなどしてなるべく濡れたままにしない事です。特に梅雨の次期は室内干しをする機会が多くなりますが、できるだけ除湿機やエアコンで湿気がこもらないようにしましょう。どうしても部屋干ししかできない場合は、抗菌効果のある洗剤を使うのがいいと思います。